最新情報・重要なお知らせ

お知らせ一覧

事務局の一般財団法人建築環境・省エネルギー機構は、2022年4月1日に財団名を一般財団法人人住宅・建築SDGs推進センターに変更いたしました。

自立循環プロジェクトホームページをリニューアルしました。

自立循環プロジェクトとは

省エネルギーで快適な住宅のための合理的な建築技術の確立と普及をめざし、国土交通省国土技術政策総合研究所および独立行政法人(現、国立研究開発法人)建築研究所が平成13 年度から国土交通省総合技術開発プロジェクト(平成16 年まで)として自立循環型住宅の開発研究がはじめられ、以後、住宅の居住時のエネルギー消費に起因する二酸化炭素排出量を半減させることの可能な住宅・設備機器技術の研究・開発が行われています。

本プロジェクトにおける研究では、住宅全体のエネルギー消費の要因を分析するとともに、エネルギー消費量を削減するための要素技術・手法とその効果を組み合わせ、定量的にエネルギー消費を削減するための住宅設計技術と効果推計手法を構築してきました。研究成果は『自立循環型住宅への設計ガイドライン』としてまとめられ、各地で講習会等を実施して普及をはかるとともに、省エネルギー法の住宅事業建築主基準や平成25 年省エネルギー基準の算定根拠や算定手法等に広く活用されています。

平成30 年度からは、業務用建築物も対象に加え、既存及び新規に開発された技術を対象として、住宅・非住宅建築物の設計建設等実務者や政策立案者のための透明性が高く、わかりやすいガイドライン等の作成を進めています。また、透明性や実証データによる解明が不十分な既存技術に関しても効果検証を行い、情報発信をすすめています。国・大学等の研究者及び 40 社の民間の研究者・技術者に参加戴き、共同して研究を行っています。