menu

メニュー

自立循環型住宅への設計ガイドラインとは

自立循環型住宅開発プロジェクトの研究成果は、『自立循環型住宅への設計ガイドライン』として、一般の住宅設計実務者向けに分かりやすい形にまとめられ、平成17年6月に発行されました。その後、平成17年度以降も後継のプロジェクトが取り込まれ、平成22年10月に『蒸暑地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』、平成24年7月に『準寒冷地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』、平成27年8月に平成25年改正省エネルギー基準に対応した『温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』が発行されました。
また『改修版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』がまもなく発行される予定です。

平成17年6月に発行された『自立循環型住宅への設計ガイドライン』は、比較的温暖な地域を対象としているのに対し、『蒸暑地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』は蒸暑地(7(Ⅴ)地域・8(Ⅵ)地域)を対象とし、『準寒冷地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』は、準寒冷地(3(Ⅱ)地域・4(Ⅲ)地域)を対象とし、『温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』は、温暖地(5(Ⅳa)地域・6(Ⅳb)地域)を対象として、省エネルギー設計の手法・技術や省エネルギー効果の定量予測の方法などを解説しています。

設計ガイドラインは、講習会に参加することにより入手することができます。
詳しくは講習会スケジュールをご覧下さい。

自立循環型住宅への設計ガイドライン

『自立循環型住宅への設計ガイドライン』

国土交通省国土技術政策総合研究所・独立行政法人建築研究所監修
財団法人 建築環境・省エネルギー機構発行
A4版約300ページ

蒸暑地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン

『蒸暑地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』

国土交通省国土技術政策総合研究所・独立行政法人建築研究所監修
財団法人 建築環境・省エネルギー機構発行
A4版約400ページ

準寒冷地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン

『準寒冷地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』

国土交通省国土技術政策総合研究所・独立行政法人建築研究所監修
一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構発行
A4版約440ページ

温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン

『温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドライン』

国土交通省国土技術政策総合研究所・国立研究開発法人建築研究所監修
一般財団法人建築環境・省エネルギー機構発行
A4版約470ページ

改修版 自立循環型住宅への設計ガイドライン(予定)

『改修版 自立循環型住宅への設計ガイドライン(予定)』

国土交通省国土技術政策総合研究所・国立研究開発法人建築研究所監修(予定)
一般財団法人建築環境・省エネルギー機構発行
A4版約470ページ