menu

メニュー

照明設備計画

照明設備計画イメージ

目的

適切な照明配置を行い、器具を選定します。

効果

照明エネルギーを 30~50%程度削減できます。

省エネ手法

次の3つがあります。

手法1:機器による手法

消費電力が少なく長寿命な照明機器を採用する手法です。

機器単体による省エネルギー手法例と効果

省エネルギー手法例 省エネルギー効果
(電力削減割合※1)
白熱電球(60W)を電球形蛍光ランプ(13W)に交換する
白熱電球(60W)を電球形蛍光ランプ(13W)に交換
78%
一般蛍光ランプ(40W)をHf蛍光ランプ(32W)に交換する
一般蛍光ランプ(40W)をHf蛍光ランプ(32W)に交換
20%
明るさ14%アップ
環形蛍光ランプをHf二重環形蛍光ランプに交換する
環形蛍光ランプをHf二重環形蛍光ランプに交換
45%
フットライトの白熱電球(5W)をLED(0.35W)に交換する
フットライトの白熱電球(5W)をLED(0.35W)に交換
90%
一般的なダウンライトを高効率反射板ダウンライトに交換する
一般的なダウンライトを高効率反射板ダウンライトに交換
0%
明るさ31%アップ
(床面の照度)

■計算条件
灯数:4灯
器具高さ:2.4m
床面:3.6m×3.6m

※1 電力削減割合(%)=1-(交換後の消費電力/交換前の消費電力)

star ポイント

効率が高い<光源>と<器具>を選択することが必要です。
(光源:ランプ、器具:ランプを含めた器具全体)

手法2:運転・制御による手法

調光や点灯の制御システムを導入する手法です。

各制御方法の特徴と省エネルギー効果

制御方法 動作 メリット デメリット 省エネルギー
効果
調光スイッチ 必要な時に手動で調光する 最適な明るさに設定できる スイッチプレートが大きい 小~中
リモコン スイッチを移動可能とする複数の機器を一括して操作する スイッチ位置まで動く必要がない リモコン自体がなくなると不便になる待機電力が必要 小~中
タイマー 設定した時間だけ点灯する 無駄に点灯しない 設定する手間が必要
人感センサー 人の体温および動きをセンシングする 無駄に点灯しない 動きがないと消灯してしまう 小~中
照度センサー 照度(昼光)をセンシングする 無駄に点灯しない 設置位置が不適切であると、正確な明るさを検知できない
star ポイント

住まい手の意思に頼る手動のシステム、消し忘れを防止できる自動の制御システムがあります。照明の配置計画と関連づけて検討することが重要です。

手法3:設計による手法

室の用途や行為に応じ、一室一灯と多灯分散の照明方式を使い分ける手法です。

シーン例1 (全点灯)

シーン例1 (全点灯)

シーン例2 団らん等

シーン例2 団らん等(シャンデリア+ペンダント1灯)

シーン例3 映画鑑賞等

シーン例3 映画鑑賞等
(ダウンライト50%+フロアスタンド1/2点灯+デスクスタンド)

一室一灯照明と比較して一日の消費電力量は60~130%とばらつきます。
長時間全点灯すると増加するので、適切な点灯・調光が大切です。

star ポイント

一室に複数の照明器具を分散して配置する<多灯分散照明方式>は、適切な配置と使い方を検討することで、省エネルギーを実現できます。

効果の達成方法の例

3段階のレベルで照明エネルギー削減の効果が見込まれます。

レベル0 従来型の照明設備計画
→ 削減効果 なし
レベル1 機器による手法の採用 (手法1)
→ 30%程度 削減
レベル2 機器、運転・制御による手法の採用 (手法1+手法2)
→ 40%程度 削減
レベル3 機器、運転・制御、設計による手法の採用 (手法1+手法2+手法3)
→ 50%程度 削減