menu

メニュー

給湯設備計画

給湯設備計画イメージ

目的

適切な熱源方法を選定し、高効率な給湯設備を導入します。

効果

給湯エネルギーを 10~50%程度削減できます。

省エネ手法

次の4つがあります。

手法1:太陽熱温水器の採用

「太陽熱給湯」を参照して下さい。

手法2:太陽熱給湯システムの採用

「太陽熱給湯」を参照して下さい。

手法3:高効率給湯機の導入

熱源の種類に応じた高効率な給湯機を導入する手法です。

潜熱回収型ガス給湯機のしくみ

図 潜熱回収型ガス給湯機のしくみ

star ポイント

ガスが熱源の場合、潜熱回収型ガス給湯機を導入することで、15%程度のエネルギー削減効果が見込まれます。

自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機のしくみ

図 自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機のしくみ

※給湯機に投入される電力の「100」は2次エネルギーの値を示しています。
2次エネルギーの電力の100は、1次エネルギーに換算すると約270に相当します。
したがって1次エネルギーで考えると、エネルギー投入は約270となり、給湯として300のエネルギーを得ることになりますので、111%の効率となります。((300/270)×100=111%)

star ポイント

電気が熱源の場合、自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機を導入し、貯湯温度や貯湯量を「節約」「おまかせ・湯量少なめ」などの省エネモード設定とすることで、35%程度までのエネルギー削減効果が見込まれます。
ヒートポンプユニットや貯湯ユニットの設置スペースが必要となります。

手法4:給湯設備各部の省エネルギー設計手法

給湯配管方法(工法、経路、保温措置等)を工夫し、給湯量節約器具を採用する手法です。

混合栓による捨て水量の比較

図a 混合栓による捨て水量の比較

給水・給湯水栓金具の例

図b 給水・給湯水栓金具の例

効果の達成方法の例

太陽熱を利用する給湯(「太陽熱給湯」参照)を含め、以下のレベルで給湯エネルギー削減の効果が見込まれます。

レベル0 従来型の給湯設備のみを使用し、省エネルギー手法を活用しない
→ 削減効果 なし
レベル1 太陽熱温水器 (手法1)
潜熱回収型ガス給湯機 (手法3)
給湯設備各部の省エネルギー設計手法 (手法4) の3つのいずれかを採用
→ 10%以上 削減
レベル2 太陽熱温水器 (手法1)と潜熱回収型ガス給湯機 (手法3)
潜熱回収型ガス給湯機 (手法3)と省エネルギー手法 (手法4)
自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機 (手法3) の3つのいずれかを採用
→ 20%以上 削減
レベル3 太陽熱給湯システム (手法2)
太陽熱温水器 (手法1)、潜熱回収型ガス給湯機 (手法3)と省エネルギー手法 (手法4)  の2つのいずれかを採用
→ 30%以上 削減
レベル4 太陽熱給湯システム (手法2)と高効率給湯機 (手法3)
太陽熱給湯システム (手法2)、高効率給湯機 (手法3)と省エネルギー手法(手法4)  の2つのいずれかを採用
→ 50%以上 削減