menu

メニュー

太陽熱給湯

太陽熱給湯利用イメージ

目的

太陽熱を利用した給湯システムを導入します。

効果

給湯エネルギーを 10~30%程度削減できます。

省エネ手法

次の3つがあります。

手法1:ソーラーシステムの採用

不凍液を用いるソーラーシステムを用いることで、冬期も集熱を行うことが可能です。

ソーラーシステム 強制循環式

図 ソーラーシステム 強制循環式(間接集熱)

star ポイント

循環ポンプの消費電力量が大きいため、循環ポンプの省電力化が望まれます。

手法2:集熱部の面積を確保し、適正な方位・傾斜角で設置

気温や日射条件に合わせて集熱面積を適切に選ぶことが、太陽熱給湯設備の設計において最も重要です。

 

集熱面積の要件

手法 有効集熱面積 省エネルギー効果
手法2a 2.5㎡未満
手法2b 2.5㎡以上3.5㎡未満
手法2c 3.5㎡以上4.5㎡未満
手法2d 4.5㎡以上5.5㎡未満
手法2e 5.5㎡以上
star ポイント

温暖地の集熱面積としては、4~6㎡程度、方位はなるべく南正面、できない場合は西面を優先に検討することが大切です。

手法3:補助のガス・石油給湯機との適正な接続

給湯の消費エネルギーを抑えるには、太陽熱給湯が分担する割合を上げることが非常に重要です。

ソーラー接続ユニットの接続方法と一般的な挙動 太陽熱の温水温度≧補助熱源の給湯設定温度の場合
ソーラー接続ユニットの接続方法と一般的な挙動 太陽熱の温水温度<補助熱源の給湯設定温度の場合

図 ソーラー接続ユニットの接続方法と一般的な挙動
※左の図が太陽熱の温水温度≧補助熱源の給湯設定温度の場合、右の図が太陽熱の温水温度<補助熱源の給湯設定温度の場合となります。

効果の達成方法の例

以下のレベルで給湯エネルギー削減の効果が見込まれます。
(6(Ⅳb)地域でソーラーシステムによる手法の採用の場合)

太陽熱を利用しない給湯システムを含めたレベルについては、「給湯設備計画」を参照して下さい。

レベル0 従来型の給湯設備のみを使用し、省エネルギー手法を活用しない
→ 削減効果 なし
レベル1 集熱面積2.5㎡未満(手法2)で補助熱源を接続しない
→ 10%以上 削減
レベル2 集熱面積2.5㎡以上5.5㎡未満(手法2)で補助熱源との適切な接続(手法3)
→ 20%以上 削減
レベル3 集熱面積5.5㎡以上(手法2)で補助熱源との適切な接続(手法3)
→ 30%以上 削減