menu

メニュー

自立パッシブ委員会

『自立循環型住宅への設計ガイドライン』の研究母体となる
自立循環プロジェクト「住宅の開口部最適化による暖房負荷低減および温熱環境改善委員会
委員長:東京大学 前真之氏(通称:パッシブ委員会)」では、
開口部・潜熱蓄熱体の特性整理・熱負荷計算の精査および実証実験を通して、
住宅設計実務者が利用できる設計指針および設計ツールの検討を行っております。

 

 

【パッシブ標準プラン】
パッシブ委員会では、パッシブ標準プランを提案しております。
▶詳細はこちら(外部ホームページ(東京大学 前研究室)へ移動します。)

 

【シンポジウム】
2019年3月22日に「パッシブ設計 ミニ公開シンポジウム」を開催いたしました。
▶開催概要および配付資料はこちら

2020年2月26日に「自立循環プロジェクトシンポジウム2020」を開催いたしました。
▶開催概要はこちら
▶動画はこちら
※動画(一部)をJJJ-Channelにて公開しております。